アクセスランキング ブログパーツ

エッチだけど処女な女子大生に精液ぶちまけSEX

18歳のガチ処女女子大生とメル友になったのは
とある掲示板に書いて感想が送られてきてからでした。



俺は28歳なんだけど、最初に2時間程度話した時、すっごく気に入られて、メールを続けることに。



ナオは結構エッチで、二日に一回くらい「これからオナニーをしたいのでエッチなメールを頂けませんか?」と送信してきてはねだるんで、俺も嫌いではないので仕事中であったりしても、昼間から最後まで付き合ってあげたりしてました。







そんな関係が一ヶ月くらいつづき、俺が休みの日に




「休みだっていうのに何処にも行かず家でオナニーばっかりしちゃって暇人だねぇ~」と送ると、

「だってお金ないから何処にも行けないの」

「じゃ、俺とエッチする?(笑)」と誘ってみると、

「私、バージンだからエッチしたことない」

・・・って躊躇していたみたいだったけど、やはり一ヶ月もメールしてたので、OKしてくれました。






待ち合わせ場所に車で迎えに行くとすでにナオはチェックのミニスカートにセーター姿で立っていて、車に乗り込んで来ました。



お互いに初対面だというのに、そんな気がしませんでした。



あらかじめお互いに身長・体重・似ている人を教えてあったせいもあるのでしょう。






「じゃぁ~ラブホにしようか?」と、フロントを通らずに直接部屋に入れるホテルにいきました。






部屋に入ると部屋の隅々を興味津々に見て、はしゃいではTVのリモコンを持ってベッドの上に腰を下ろしました。






「そろそろ始める?」と、TVのアダルト番組に見入っていたナオに声をかけると

「どうすればいいんですか?」

「そうだなぁ~、それじゃメールエッチした時みたいに俺の指示通りオナニーしてもらおうかな!」




ベッドの上に座っていたナオを俺が座っているソファーの目の前に立たせました。






「はい、なんか直接言われるとメールよりドキドキしますね!」




でも恥じらいが感じられないので、




「見られて恥ずかしくないの?白いブラもう見えてるよ!」

「恥ずかしいに決まっているじゃないですか!」




俺はすこし命令口調になって




「スカートの裾を腰のあたりまで上げて、どんなパンツはいているか見せなさい!」




今度はやや恥じらいをみせながらゆっくりと裾を上げ、はにかんでいました。






「ピンクなんだ!」




ちょっと無口になって、自分の指示通りに動くにつれ悩まし気な表情になっていきます。






「こっちに向き直ってセーターを脱いで!」




日焼けしていない綺麗な色白の肌に上半身はブラ1枚、痩せていて小さい胸がすっごくかわいい!




「ブラの肩紐をはずして。

恥ずかしいのか?もう濡れてるんじゃないの?」




肩紐を腕から抜きとりながら




「はい・・もう濡れているのが自分でもわかります・・・」

「乳房を見せて!」




今度ばかりはブラを下ろす事をためらっていました。






「メールで自分の乳首がピンクで可愛らしいって言うの嘘だったんだ?だから見せられないんでしょ?」と言った瞬間、勢いよくブラをずり下ろしました。






「どうですか?嘘じゃないですよね!」




見せられた乳房は想像通り小さ目で、乳輪も乳首も肌色にちょっと赤みがかかったピンクで乳房同様こぶりでした。






「本当だ綺麗だね!乳首はそれでたってるの?指でつまんでコリコリしてみて!」




ナオは目をつむりながら乳首を弄りはじめました。






「乳首気持ちいい?」

「私、乳首すごく敏感なんです」




きっともうあそこは濡れているんだろなと思いパンツの上からクリを優しく指でこすると、「あ~・・いいっ!」っと背中を反らしのけぞりながら悶えます。



パンツも、もうグッショリ状態。



手はパンツの脇からオマンコへ。






「もうぐちょぐちょだよ?」って言うと、

「いやん、凄く気持ちいいんだもん!」って。






このままイカせて上げようと思い、スカートは履かせたままパンツを下ろし足をゆっくり広げます。



チェックのスカートがめくれやや薄めの陰毛が縦長の長方形の形で目に飛び込んできた。






「毛薄い方なんだね」




ナオは顔を赤らめながら




「剃ったりした事はないです。

友達はしてるみたいだけど」




顔を近づけると「待って!お風呂入らないと・・・」




俺は「ダメだよ!お風呂入ったらナオの匂いが消えちゃうよ!」って、強引にオマンコに顔を埋めました。






「あ~ダメダメ!」と言いながら足を閉めようとしますが、すでに舌は的確にクリを転がしています。



そのうち閉じようとする力が弱まり自分からさらに足を開き悶えだしました。



ナオのツーンとしたむせ返るようなイヤラシイ女の匂いで、僕のチンポもギンギンです。






しばらくクリを転がしていると




「あ~イキそうっっ」

「よ~し、思いっきりいっていいよ!」って言うと

「あっ!くっ!ひいっ!ひあぁぁ!いくいくっいっちゃあうぅぅ!!!」っと言いながら足をつっぱらさせて痙攣状態。






舐めるのを中断し指先で、わき腹、乳房と軽く触るとビクビクッっとして完全にいってしまったようです。



この時が俺にとって最高の瞬間です。






またオマンコに顔を近づけると再度クリをなめ回します。



今度はビラビラも唇に挟んで引っ張ったり、入り口に舌を尖らせて入れてみたり。



するとまた




「あ~またイキそう」




また激しく舌先てクリを突くようにすると




「あ~またいっちゃう!」っと言いながら痙攣状態です。



「足を開けるところまで開いてみて!」




少しずつ足を開き膝にかかったパンツがはち切れんばかりで、その中央部分が愛液でしみて光っています。






「左手でスカートの裾は上げたまま右手でクリトリスをさわってみ」

「はぁぁ・・気持ちいいです・・あぁぁ」




右手を小刻みに動かし




「そろそろ中に指を入れたいでしょ?」

「じゃあ、こっちにお尻向けて床に四つん這いになって!」

「はい・・」




クリトリスをさわっていた手を離し、ナオは向き直り右膝から床につき、四つん這いになりました。






「それじゃ窮屈だろ~?パンツ脱いでいいよ・・・」




俺は脱ぎ捨てられたパンツを拾い上げ先程の愛液の量を確認しながら「お尻が見えないよ!スカートをちゃんとまくって!」と言いながら、お尻の前にあぐらをかいて座りました。



ナオのあそこは一目瞭然に。



入り口付近が光って濡れているのがわかった。






「さわっていただけないんですか?」




ナオの問いに、さわりたいという欲求を堪える事を楽しみたかった為、




「自分でイクところを見届けてあげるよ!もうそろそろイケるでしょ?さぁ指を入れて激しく出し入れして!」




アナルをヒクヒクさせながら腰を前後にくねらせて




「はぁ、はっ・・いくぅ・・いく・・イッちゃうぅ~」とよがった。






「おしっこ漏れそうになってきた?我慢して手を緩めちゃダメだよ!」

「はぁ、はっ~漏れそう・・出るぅ~出ちゃうぅ~きゃぁ~」




太股に滴が一滴二滴とたれてきて、イッた様子だった。






そのまま床にうつぶせに倒れこみ、しばらく息を“はぁはぁ”させながら動けずにいた。



下まで汁が垂れそうになったオマンコが丸見えだった。






「まだシャワー浴びてないからダメ!」という反対を押し切って舌を使ってクリを刺激してみる。






オナニーによって開発されたクリは敏感で、体をガクガクさせながら仰け反って感じていた。



オマンコに舌を差し込みながらクリを刺激してあげると「あぁ・・あぁ」と控えめな声をあげながら感じている。



ナオをソファに座らせ、膝立ちでグチュグチュのオマンコにチンポを差し込んであげた。






最初は少し痛がったけど、少したつともうかなり感じている。



チンポの周りがベトベトになってきた。



さすがに自分の体勢がちょっとキツくてなかなか思うように動けないので、そのまま抱え上げて駅弁スタイルで掻き回してから入れたままベッドまでいった。



ピストンして少しM気のあるナオに、クリに強く当たるようにしてあげた。






「気持ちいい?」

「うん・・・気持ちいい!・・あぁん・・もっと」といいながら感じていた。






さぁてこれからガンバるかなって思っていると




「あっ・・なんか・・・イキそう・・イッちゃいそう!」と言いはじめた。






えっ?と思っていると「イッちゃう・・・うっ!」と言ってガクッと崩れてしまった。






ナオはイッてなかった俺にちょっと申し訳なさそうで、そんなナオの手がチンポに伸びてきて触ってきました。



お礼にオマンコを舐めてあげると、また感じてきたようで、指で掻き回してあげるとナオは起き上がりチンポにむしゃぶりついて来ました。



ねっとりした優しいフェラに俺のもギンギン状態。



ナオはいきなり口を離すと「凄く硬くなってる!」ってまたしゃぶりだします。



俺はナオのオマンコに指を入れ、指先でGをこすり出すと「またイキそう!ダメダメッ!」って。






そう言われても指を抜くわけにはいかないし、そのうち俺に覆いかぶさり痙攣を始めました。



キスをしながらもビクビク痙攣しているナオに




「また入れてあげようか?」って聞くと、

「欲しい!入れてください、おかしくなっちゃういそうです!お願いっ・・」




「もう入れてください」と顔を紅潮させてせがむので、ナオを寝かせ足を開くとチンポをオマンコに擦り付けます。



「あぁ早く・・じらさないでっ」っと言うので3度目の挿入です。



「じゃ入れるよ」ってゆっくりとチンポを入り口にあてがうと、ゆっくり挿入しました。



「あ~入ってくる~」って言いながら自分から腰を押し付けて来ます。






真ん中辺りまで入れながらゆっくり腰をスライドさせると、「あぁ、奥まで入ってくる~」って言いながら自分から腰を動かします。






ゆっくり大きく腰をグラインドさせると、「あ~凄くいいです」って言いながら俺の首に腕を巻きつけてきます。



徐々に強く押し込むと「またいっちゃうよーーー!」って声が大きくなった来たので、腰の回転を早めると「凄い!凄い!凄くいい」って言いながら足も俺の腰に巻きつけて来ました。



ナオの体を捕まえて更に強く突きまくると




「あああ!すごい!ああっくうううあああ!・・・いっくううぅぅ!」っと言いながら、今までに無い大きな痙攣でイッてしまいました。






俺もそれを見てナオのお腹に大量の液体をぶちまけました。



ナオも俺もそのまま5分程動けないほどでした。
Yahoo!ブックマークに登録

ゴムが苦手なウブな人妻と生挿入寝取り

インターネットで出会ったウブな人妻のリエとのSEX体験です


メールで仲良くなって相談を受けるようになった。

まぁエロい感じではなくて悩み相談みたいな感じ。

リエの悩みは

『後3ヶ月後結婚するんだけど、男性経験がその人しかなくて、本当にこれでいいのか』

って事だった。

いやぁ素敵な事やん?

生涯旦那だけなんて、処女崇拝者からしたら願ったりもない女の子だと思う。

しかし本当にこのままでいいかリエは悩んでいたようだったので、

「俺でよければ相手しようか」

って事になった。




まぁ断られるだろうと思ったんだけども、相手は是非お願いしたいと言ってきた。

んなアホなって思うけど、事実あったんだからしょうがない。

で、住んでる場所だ。

同じ地方で車だと1時間ちょいの場所に住んでいたので、お互いの中間地点の街で会う事にしたんだ。

しかし、経験人数1人の24歳の女の子ってどんなもんだろうか。

間違ってもイケイケのギャルではないよなぁ。

超絶ブサイクだったらどうやって躱そうとか考えていた。

んで待ち合わせ。

街の目立つデパートの前で待つ俺。

キョロキョロしていると小柄な美人さんと目が合った。

まさか、この子なわけがないwww

そう思っていたらどんどんその子がこっちへ近寄ってきた。

「俺さん、ですよね?」

「え?あ、はい。リ、リエちゃん?」

「そうです。何かこんなんですみません。期待外れですよね…?」

とんでもない、何すかこれ。

こんな事が現実にあるんすか?

リエは小柄で今でいうと石原さとみっぽい可愛い系美人だった。

この子とこの後エロい事するなんて信じられなかったんだけど、とりあえず

「じゃあホテル行こっか」

「あ、はい」

普通は最初にお茶しようかとか何とか言うのかもしれんが、まどろっこしい事は抜きにして速攻でラブホに向かった。

ラブホに着いて。

「はぁ。。凄く緊張しますね」

「確かに。会ったばっかなのにホテル来ちゃったね」

とりあえず2人でソファーに座る。

しばしの沈黙太ももの上に手を置くとリエはビクッと反応した。

「ごめんなさい。慣れてなくって」

「いいよ。優しくするんで」

そう言ってリエの唇に優しくキスをした。その流れで服の上から胸に手を当てて乳首の辺りを弄った。

「あっ…」

キスをしながらリエから吐息が漏れた。

俺のおちんぎんはもはやギンギン。

おちんぎんぎんぎんである。

上にガバッと覆い被さろうとしたら

「お、お風呂入らない…?」

!?

このタイミングはなかなかの焦らし上手だわこの女。

まぁ完全に臨戦体勢だったんだが、渋々お風呂に行く事に。

先にシャワールームに入ってシャワーを浴びていると、バスタオルを巻いたリエが入ってきた。


「ちょっと暗くしてもいい?」

「うん。いいよ」

そう言うとお風呂場の電気を暗くした。

そしてリエはバスタオルを外したんだけど、小さい割におっぱいは大きかった。

多分Dぐらいかな?

「恥ずかしいからあんまり見ないで…」

そう言って胸と股間辺りを手で抑える。

もう興奮し過ぎてグッと引き寄せ、ディープキスしてやった。

シャワーがザーザーと流れてる音に混じってクチャクチャと2人の唾液を交換している音が響いた。

もうお腹につくんじゃないかってくらい立ってる我が息子。

それに気づいたリエはそっとそれを握ってきた

「凄く硬い…」

キスをしていた口を離し、顔を俺の息子の前に持ってきてそのまま咥えた。

経験人数1人だから下手とは限らないよね。

今の彼氏と年中やってたんだもんね。

8年付き合ったという彼氏に仕込まれたのであろうそのテクニックで骨抜きにされてしまった。

「彼氏のより大きくて硬い…」

はい頂きましたーお決まりのセリフ頂きましたー。

でも実際言われると嬉しいもんだ。

お風呂場で濃厚なフェラを堪能し、ベッドへ移動する事にツンとした乳首を存分に舌と指で弄ってあげると

「ん……あんっ」

と何とも控えめな喘ぎ声を出す。

「もっと声出していいんだよ?」

「何か恥ずかしくて…」

けどじっくり攻めてあげると徐々に声が大きくなっていった。

手を下の方に伸ばし、割れ目の始まり辺りに指が触れると、リエはビクッと反応した。

構わず指を進めていくとビックリするぐらいグッショリと濡れていた。

「私濡れやすいの…」

それはそれは素晴らしい事だと思い、存分にいじめてあげた

「あぁぁぁ…だめっ!だめぇ!!」

指で激しく弄ってあげるとグチュグチュと音を出しながらあっという間にシーツを濡らしてしまった。

ビクビクしながら腰を震わせるリエ俺は股間に顔を近付けて舐める事にした

「んんんっ…はぁ…あぁ」

苦悶とも言えるような声を上げて感じまくる。

そしてあっという間にイッてしまった。

「俺くん凄い…」

すっかりと目がとろーんとしていた。

そろそろ入れようかという事になりゴムを装着する。

そして穴にあてがうと

「外して…」

!?

「私ゴム苦手なの」

マジっすか…でも外してと言われて外さない理由が当時の俺には見つからなかったのでゴムを外し、改めて穴に当てがった。

あっさりすんなりと息子は奥まで侵入する事に成功した。

紅潮したリエのアソコは俺の息子をパックリと咥えている。

そのまま腰をゆっくりと動かすとリエはそれに合わせて声を上げた

「んっ…おっきい、おっきい。もっと奥までちょうだい…」

そう言いながら俺の腰を手で持ち、自分の方へ引き寄せてきた。

もう俺は興奮しまくりで夢中で腰を振りまくった。

体勢を変えて振りまっくった。

時間にしてどのくらいだろうか、お互いの体を執拗に求め、結局夕方の16時まで。

途中休憩はあったもののずっとやっていた。

終わりの際

「今日はありがとね」

「いや、こちらこそ」

「結婚する前にあなたに出会えてよかった」

「そっか」

「生涯でこういう事するのはあなたが最初で最後だと思う」

そう言うと泣き出してしまった。

そしてその場でお互いの番号を消し合った。

それ以来もう会う事はなかったが、きっと彼女は無事結婚したんだと思う。

何か今思い出しても複雑な気分になるが、あれはあれで良かったんだろう Yahoo!ブックマークに登録

上司に調教される露出変態OL

私の彼氏は33歳で、会社の上司です。

会社では厳しい主任さんなんですが、ベットではただのエロ親爺です(苦笑)。

彼氏ってば中出しが大好き・・・というか中に出してこそセックス!!という人でして、「費用は持つからピルを飲め!」と言われまして・・・セックスは全てアナルかオマンコに中出しです。

ちなみにピル飲む前は完璧安全日はオマンコに、他はアナルにとやっぱり全部中出しでしたが(汗)。

そんな彼氏の趣味は・・・まずは会社で中出ししたがるんですよ~~~。

すごく仕事には厳しいんですが、二人で残業したり他に誰もいないときなどチャンスを見つけるとセックスしたがるんですよね。

そんな時はいつもより燃えるみたいで、すごく沢山出されます。

夜はまだしも、日中いっぱい注がれちゃうとホント後始末が困ります(汗)。

だから常時ナプキンは手放せません。

ううう・・・でも悔しいコトに私もすごく燃えちゃうんですけどね(苦笑)。

特に二人で休日出勤したときなんか日中事務所の中で犯されるんですよ。

この間も仕事が一区切り付いたところで・・・

「よし。じゃあ後はチェックだけだな・・・お前暇だろ。しゃぶってくれてもいいぞ。」

と言って彼がチャックを降ろしました。

こういうの好きなんですよね~~、彼。

私は彼の机の下に潜り込んで彼のペニスを口と手で愛撫してあげるんです。

彼のチェックが終わる頃、彼のペニスはすごく大きくなってしまいました。

恥ずかしいけど・・・私のオマンコもすごく濡れちゃってました(笑)。

「よし、おっけーだな。じゃあ、机に手を付いてケツを突き出せ。」

私は彼の言うとおり彼にお尻を突き出しました。

「いやらしいお液の臭いがするぞ。ちょっと見てやるよ。」

彼は私のスカートをまくってお尻を撫でながら

「パンティにシミが出来てるぞ。・・・さて、どうして欲しい??」

好きなんだよね~~、彼はこういうの。

だから私は・・・

「パンティ濡れたら帰れません・・・主任のおちんちんでオマンコに栓をして下さい・・・」

そう言いながら、お尻を付きだしたままパンティを降ろしました。

明るい日中に、それも事務所の中でと思うとますます濡れて来ちゃうんですが(笑)。

「お前がそう言うんじゃ仕方ないな。じゃあ今すぐ入れてやるよ。」

そう言って彼は大きくなったペニスをいきなりオマンコの奥まで突き入れてきました。

そして立ちバックのまま激しく突きまくってきます。

「なんだかますますお液が出てくるぞ。栓になってないなぁ。」

「そんなぁ・・・・」

その時です。

いきなり事務所の電話が鳴りました。

「ほら、仕事だぞ。」

無論彼はピストンを止めたりしません。

私は彼に貫かれたまま電話を取りました。



「は、はい。○○建設○○部の成見です・・・。」

相手は今日の急ぎの書類を依頼した方でした。

『ああ、なるちゃんが作ってくれてたんだ?浅田主任はいるの?』

「お、おります。今・・・代わります。少々お待ち下さい。」

『なんだか元気ないね~~。無理させちゃってゴメンね。じゃあよろしく。』

無理させてんのはお前じゃ!!と思いつつ彼氏に電話を渡しました。

「どうもお世話様です。・・・ああ、出来ましたよ。」

にやにやしながら彼氏はしゃあしゃあと電話を受け取りました。

「今最後の追い込みです。まもなく出ますよ。」

え・・・出来たんじゃ・・・?と思う間もなく彼氏は激しく腰を動かすと必死に口を押さえて声をこらえてる私のオマンコの奥に、どくどくと精液を注ぎ込んだのです。

「う・・・あ・・・」

恥ずかしさと快感で真っ白になった私は熱い精液が溢れる感覚で一気に上り詰めてしまいました・・・。

「ええ、今全部出ました。」

むかつくほど平素と変わらない声で彼は電話に答えていました・・・。

「じゃあ、書類関係はメールしますね。図面はウチのなるに届けさせますので。あとあっちの方はこれからまとめておきますから明日持っていけると思いますので・・・はい、よろしくお願いします。」

電話を切った彼は余韻に震えている私の耳元に口を寄せてきました。

「そう言うわけだから、すぐ図面をもってってな。」

「・・・えぇ?」

「先方の事務所で精液こぼさないようにな。」

「・・・そんなぁ・・・。」

「届けたら戻って来いよ。ちゃんとオマンコに精液残ってるか調べるからな。」

・・・その後私は真っ赤になりながら先方の事務所に届け物に行って来ました。

オマンコから精液が流れ出ないように一生懸命力を入れながら行ったつもりですが・・・やっぱり帰る頃にはパンティもストッキングも精液と新しい愛液で濡れちゃってました・・・。

会社に帰ると彼氏は私のオマンコを指で拡げて

「精液みんな流れたんじゃないか??それに新しい愛液でいっぱいだぞ。お前露出も好きなんだな~~。」

そう言って更に私を犯しました・・・。

そうしてその日は書類も沢山出しましたが、精液も沢山子宮の中に出されちゃいました。

まったく・・・えっちな彼氏で困ったものです。

いや、確かにキモチイイんですけどね(笑)。 Yahoo!ブックマークに登録