アクセスランキング ブログパーツ

試着室でブラジャーを初めてつける女の子

某衣料品チェーン店で働いています


これは先日実際にあった萌え話です



その日は夏の割引セールということもあり、朝からお店はかなりの忙しさでした。






お昼近くになり客足も途絶えたのでパートの女性が一斉にお昼休憩に行ってしまった時のことです。






店の中に店員は私も含めて2人だけ、もう1人はレジで作業していました。






お客もまばらな売り場で商品の陳列補充をしている私に声をかけてくる人がいます。






見ると小学校高学年~中学校低学年くらいの女の子を連れた母親でした。






「すいません、お店の方ですか?」と少し神経質そうな雰囲気の母親が聞いてきます。






私は「ハイ、何かおさがしですか?」と聞き返しました。






すると連れている女の子を指して「この子の下着を見て欲しいんですけど」と言ってきました。






「ハイ、それでは女性店員をお呼びしますのでしばらくお待ちください」と言い他の店員をさがしに行きました。






ですが、女性のパート店員はみんなお昼ご飯に出かけていて誰もいません。






レジに入っている店員も私同様男性でした。






仕方がないのでお客のところに戻り「ただいま、女性店員は全てお休みをいただいております あと一時間くらいで戻るとは思いますが・・・」と告げました。






すると「じゃあ、アナタでいいわ あんまり時間がないのよね」と母親。















少し驚いたが「まぁ、適当に子供用下着を見繕って渡せばいいか」と思い試着室の方へ連れて行きました。






「それではいくつかお持ちしますので少々お待ちください」と言って私が売り場に行こうとすると、「ちょっと、キチンとサイズを測って選んでよ」と母親が言ってきました。






「安売り衣料品店で子供の下着を買うのにサイズまで測る必要はないだろう」と思いましたが、結局女の子の胸囲を測ることになりました。






短く揃えたショートカットの女の子は真っ黒に日焼けをしていて、スカートをはいていなければ男の子と間違えてしまうようなルックスでした。






おとなしそうな女の子は母親に言われるまま試着室に入りました。






まだカーテンが半分くらい開いているのに母親は「OOちゃん、早く脱いで」と女の子をせかします。






恥ずかしそうに女の子がカーテンを閉めようとすると「大丈夫、お母さんも見てるから早くして」と言いました。






結局、女の子は母親に言われるままカーテンも閉めずに服を脱ぎ始めました。






シャツを脱ぐと下にはキャミソール一枚きりの女の子、下着を通して小さな胸の先端がうっすらと透けて見えています。






すぐにキャミソールも脱いで上半身裸になりました。






水着のあとがクッキリ残った細い体、小さいながら胸も膨らんできている体は未成熟ながらシッカリと女らしいものでした。






「最近、胸が擦れて痛いって言うんですよ そろそろブラジャーを着けさせなきゃダメよねぇ」と母親。






恥ずかしそうに胸を隠しながら猫背になる女の子、私がメジャーを取り出すと「ホラ、お兄さんが測ってくれるからしっかり立って」と母親に注意されています。






背中からメジャーをまわして正面の胸へ・・・、意識しないように注意しましたが、どうしても女の子の胸を見てしまいます。











乳房自体は本当に小さく子供らしいものでしたが、先端の乳首はかなり発育していて十分にいやらしい形をしていました。






薄い茶色の乳輪は腫れ物のように盛り上がり、その真ん中にはコーヒー豆のような形の赤っぽい小さな乳首がポツンとついています。






メジャーを乳首の上辺りで交差させて数字を確認します、女の子が体を動かすたびにメジャーが乳首の粒に当たりかなりドキドキしました。






確かトップ68のアンダー63くらいだったかな、正直女性の胸のサイズを測ったことなんかなかったので正確に測れたのかが心配でした。






とりあえず目検討で売り場から子供用ブラジャーをいくつか持っていきました。






女の子の母親は「あら、これもカワイイんじゃない」などと言いながら持っていったブラジャーを全て女の子に着けさせていました。






その間もカーテンはずっと半開きのまま、不器用そうに女の子がブラジャーを着け外ししている様子が私にも丸見えでした。






新しいブラジャーを着けるたび「大丈夫?擦れて痛くない?」などと聞きながらブラジャーのカップの上から手を入れて女の子の胸をグリグリ触ります。






私が後ろで見ていてもお構いなし、ブラジャーと胸の隙間を母親がチェックするたびに乳首がチラチラとはみ出して見えました。






よほど母親が怖いのか?おとなしいのか?女の子は黙ったまま恥ずかしそうに母親のされるがままになっていました。






結局、5枚くらいの子供用ブラジャーを買うことに決まりました。






最後にもう一度サイズを測って欲しいということになり女の子の胸を再度じっくり見る機会がありました。






見ると、驚いたことに女の子の乳首はシッカリと勃起していました。






乳輪は大きく盛り上がり乳首は最初に測ったときより倍くらいに膨らんでいます、赤味も強くなったみたいでまるでカリカリ小梅のように見えました。






乳首だけ見れば大人の女性と変わらないくらいのいやらしさで、「こんな子供でもしっかり女の体なんだなぁ」と妙に関心しました。






女の子が着替えている間、母親は「週末、学校の行事で泊まりに行くらしいのよね」「サイズがわかれば今度は一人で買いに来れるわね」なんてことを話していました。






多分、時間にすると10分~20分くらいだったと思いますが、やたらと長く感じた接客でした。






仕事柄、女性の下着や胸をチラ見することはよくあります。






しかし、これほど大胆な出来事は初めてです。






今思うと、あの女の子が少し気の毒に思えてきてしまいます・・・自分の親は選べませんから。



Yahoo!ブックマークに登録

膣が超狭い童顔萌え奥さんとの背徳SEX

28歳です。結婚していて子供は小○生が一人。同じマンションの奥さんと、去年から不倫関係です。うちのマンションは古い分譲マンションです。取り得は学区が良い事と、古いためか自治会活動が盛んで、安心して暮らせるところです。

 その奥さんとは自治会活動と子供が同じクラスで、PTAやクラスの活動などで数年前から家族ぐるみの付き合いです。奥さんは背が小さくて148だと言ってました。小学校でも高学年になると大きい子もいて「混ざるとわからない」といわれるほど小さく幼く見えます。


* それでも年齢は30代前半のようですが、顔立ちも幼くてよく中○生に間違われると言っています。ご主人は少し年上で、平日は朝早くから出社して、帰りは遅いそうですが、休みにはよく二人の子供さんを連れて出かけています。

 僕の方は可もなく不可もなく、少しばかりのスケベ心はあっても、まさか近所の奥さんと不倫になるなど考えてもいませんでした。もちろん、妻とはそこそこ、それなりにセックスしてました。奥さんは背が小さいけれど活発な人で、自治会やクラス、PTA等で活動があると積極的に働いておられました。

 子供同士も仲が良いので、自然と僕も奥さんに近づく事が多く、少し重いものを運んだり、少々の気遣いをしたりはしてました。去年の夏の事、暑い昼下がりに妻は子供とプールへ行き、僕は近くのスーパーへビールなどを買いに行っていました。

 ビールを下げて歩いていると、少し先に件の奥さんが、重そうに買い物を下げて歩いていました。もちろん「よき隣人」である僕は、何の下心もなく追いついて、さすがに男の子二人に旦那のいる家庭の、食料品が一杯入ったレジ袋を持ってあげました。

 部屋の着くとレジ袋を台所まで運びました。「よければ冷たいものでも」と言う奥さんに、何かを感じはしましたが「ご近所不倫」など3流週刊誌のでっち上げと思っていた僕は、少しのスリルを味わうつもりでリビングのソファーに腰掛けました。

「どうぞ」と缶ビールとグラスが出てきました。少しまずいなと思いながらも、ビールを置くとさっさと台所へ立って、買い物を整理し始められて帰るきっかけを失い、仕方なく飲み始めました。もう飲み終わる頃、奥さんがもう一本のビールを持ってきました。

「いやいや、もうこれで」と断ったのですが、押し止められ、(なんだかヤバイ)と思いながらグラスを傾けていました。後、話す事といったら家族の事しかありません。案の定、奥さんは夫の愚痴。帰りが遅いとか会話がないとか、どこにでもある内容です。

「でも、こうして子供を連れてお出かけするって、優しい旦那さんですね」と言わずもがなのお世辞を言うと、最悪です。「私と話がしたくないから、子供を連れて出かけるんですよ。夜まで帰りませんわ。」と奥さん。もうこうなると、話の接ぎ穂がありませんから、(いつ帰ろうか)とそればかり考えていました。

 部屋の中は白々しく明るく、エアコンの音ばかりでした。そしてその内、奥さんがシクシクと泣き始めたんです。ここが分かれ目でした。慰めればそれですむ筈はありません。といって席を立てば恨まれてギクシャクするでしょうし、下手をすればあらぬ噂を立てられる事も考えられます。

(留守に上がるんじゃなかった)と臍を噛んでも後の祭りです。腹を決めて奥さんの前に膝をついて肩に手をかけました。待ってましたとばかり、奥さんが胸に飛び込んできます。仕方なく抱き寄せ、背中をしばらくさすってました。そして、奥さんが泣き濡れた顔を上げて僕の目を覗き込んだとき、僕は唇を重ねていました。

 長い口付けでした。もちろん僕は勃起していました。奥さんは焦れた様に身体を押し付け、腰をもぞつかせます。「奥さん・・」「いや、さよこって呼んで」奥さんはそう言って、ジーンズの上から僕の勃起を撫ぜ始めました。また口付けしながらジーンズを下ろして掴んできました。

「さよこ・・」と呼ぶと奥さんは「ああ・・」とため息をついて勃起をつかみ出して咥えました。「あ、大っきい・・」自慢じゃないんですがよく言われる事を奥さんは言って、熱心にしゃぶり始めました。その後脱がせて見ると、奥さんはやはり幼児体型で胸は小さく、腰周りもそれほど肉が乗っているという感じではありませんでした。

 でも童顔と幼○体型、それにやっと恥らうようになった仕草が、まるで十代の少女のようで、僕はヘンに興奮しました。ソファーに寝かせて脚を広げてみると、マン毛も薄く、大陰唇も発達してなくてまるで少女のようなあそこでした。近所でも評判の活発でガラの大きい男の子二人を生んだととても思えません。

 僕は小さなあそこに勃起をあてがいました。そこはそれ、中身は成熟した女性ですから、あそこは濡れ濡れです。僕は先を推し進めました。グウーと肉が広がりますが、狭くて上手く入りません。何度も行ったり来たりを繰り返し、先っぽが愛液でヌルヌルになった頃、やっとカリ首が入りました。

 そこからは奥に進めましたが、子供を生んだとは思えない狭さと中がざらざらする名器で、気をつけないとすぐ行ってしまいそうでした。入ってからはもう二人とも、獣のように互いを貪り合いました。奥さんは小さくて、僕はまるで十代の少女を犯しているような気になりました。

 その日は興奮のあまり奥さんの中で、普段ないほど大量に出してしまいました。その後は用心してコンドームをしていますので、幸い妊娠には至らなかったようです。それから、近所の事ですので、用心して一月に2回くらい、少し離れたところで落ち合って、ホテルで貪りあう関係が続いています。

 特に家族と一緒の折に顔をあわせたりした後日は、互いに秘密と背徳に燃えるのか、いっそう激しくなります。
Yahoo!ブックマークに登録

田舎の風俗で育ちの良さそうなピンサロ嬢がいて切なくなった

転勤先は田舎でした


といっても県庁所在地なので、
生活するにはそこまで不便ではないですけどね


引っ越し後数週間が経ち、
そろそろ裏の町の探検でもしようかという余裕が出てきました。

基本的に私はお酒がダメなので、

付き合いでもスナックとか飲み屋が苦手なだけに、

歓楽街に足を踏み入れるのは純粋に(?)風俗店探しのため。

歓楽街が開くのに合わせて行動するため、

必然的に夕方以降になります。

まだ人の少ない飲み屋街(その場所は遠い昔の遊郭だったそうです)

の片隅をぶらぶら歩いていると、

風俗店とおぼしきお店を発見しました。







「ただいまの料金○○○○円。」

という看板からして古いお店だと分かります。

外には中年の男性が通りがかる男性にダメモトで

「いかがですかぁ?」

と声をかけ、とりあえずの仕事をしていました。

良い事かどうか分かりませんが、

風俗店に行く回数を重ねるにつれて、

私は初めてのお店の男性従業員さんとも親しく話せる余裕が出来ていました。

(昔は考えられなかったが、風俗の男性従業員と仲良くなると、

なんだが随分大人になったんだなぁって凄い感じたw)

で、そのボーイさんに声をかけてもらったのに応じて、

お店の詳細を聞きました。

普通に会話してくれる通行人が珍しかったのか、

うれしかったのかボーイさんは非常に熱心に、

かつ、丁寧にシステムを説明してくれました。

お店はピンサロで、若い子もいる

入場料はサービスしておくとのことでした。

都会に住んでいた頃は絶対しなかった

「飛び込み入店」ですが、そのボーイさんが悪い人に見えなかったので、

今日はそのお店に入ってみることにしました。

これが人生初の「写真紹介なし」のお店への入店でした。

(でも、とりあえずのおみやげはいつものように買ってありましたw)

お店の中は「ザ・ピンサロ」という感じで、

ミラーボールにユーロビート系の音楽、

ピンサロ業界の隠語満載の店内放送で満たされていました。

でも、私はこういう「作り出された空間」って好きなんです(笑)

で、お約束のボックスシートに案内されると、ボーイさんが

「ご指名はありますか?」

と聞いてきました。

私は笑いながら

「いや、店の前のボーイさんの雰囲気で入っただけだから、全くのフリー。

性格の良さそうな女の子がいればお願い。」

と、実現することはまず無いだろうと自嘲しながらお願いしました。

ボーイさんの

「了解です。」

との返事をほどほどに聞き取って、とりあえず周囲を見てました。

ま、ピンサロですねw(*/∀\*)イヤン。

すると、しばらくして細身の女性が

「失礼しまーす。」

と私の席にやってきました。

スリップのような衣装から見える体型は普通です。

胸がないのもわかりました。

彼女は手書きの名刺を差し出し

「○○です。よろしくお願いします。」

と声をかけてきました。

方言も残る田舎のお店でしたが、

標準語の非常にきれいな言葉遣いです。

私は

「いい子だろうなぁ。」

と直感し、

「こちらこそ、お願いしますね。」

と答えました。

(悲しいかな、私、年下だろうが、姫とタメ口で話せないんです。

敬語ではないですけど。)

彼女はおしとやか系の女性で、

特に過激なサービスもテクニックもなく、ごく普通でした。

でも、彼女がまじめで 一生懸命なのはよく分かりました。

私が

「さわってもいいですか?」

と聞けば、ちゃんと

「はい。」

と小気味よい返事が返ってきて、体をずらしてくれました。

お客さんと真正面から向き合って接客してくれているという感じの女性。

でも、後日分かったところ、

年齢はまだ22歳のことでした。

初対面の時に私のお渡ししたおみやげには

あまり反応はなかったように思います。

ただ、

「あ、ありがとうございます。」

と一般的な応対をしてもらっただけです。

で、会話自体もお仕事がどーたらこーたら、

今日は忙しいかどうかだの、ありきたりな会話で終始しました。

ただ、受け答えが非常に丁寧なのが印象的でした。

ユーロビートの響く店内でもちゃんと

語尾まで聞き取れるはっきりとした言葉遣い。

いろいろ考えると、私の好きな姫というのは

「言葉のきれいな女性」なのかも知れません。

言葉遣いが丁寧な女性はほぼそれに比例して所作もきれいで、

性格も素直な人が多いような気がします。

彼女はまさにそんな感じでした。

それから一月ほど経って、個人的な生理現象のサイクルが巡ってきたのか(笑)、

私はもう一度そのお店に行ってみることにしました。

もちろん、彼女を指名です。

その日はたまたまお祭りがあったので、

夜店でベビーカステラを買っていきました。

ま、お祭りの日に働いている女性に、

少しお祭りの雰囲気をお裾分けする感じですね。

店前には前に会った男性店員がいましたが、

こっちのことは覚えていないようでした。

で、

「○○さん、出てますか?」

と聞くと、

「大丈夫です!」

との元気なお返事。

(年齢問わず、姫をすべて「さん」付けで呼ぶというのも私のクセです。)

お店にはいると、お祭りの影響か、

そんなに人はいないようでした。

彼女はすぐにボックス席に来ましたが、

そこで今回のおみやげを渡しました。

すると、前回と違って明るいめの口調で、

「あれ、ひょっとして、前にもおみやげを持って来て下さった方ですか?」

と聞かれました。

これ、何気ない会話かも知れませんが、私は

「持って来て下さった方」

という彼女の自然な丁寧語にすっと惹かれていました。

前に来た客がリピートして指名してくれる。

これは風俗で働く女性にとっては、

収入に直結することだけにあたりまえに嬉しいことかも知れません。

けど、私のつたない経験からは、

彼女の話口調からはそういう金銭的なうれしさは感じられませんでした

(そう感じさせないのがプロ中のプロなのかも知れませんけどね)。

「覚えてもらってましたか?」

とこっちも自然と嬉しそうに答え、

なぜか急に親しくお話しできるようになりました。

すると、サービスも前よりずっと能動的な感じになり、

すっかりお任せで気持ちよくしてもらえました。

これを機に月イチの通いが始まりました。

4度目くらいの入店で、彼女は私とはすっかりうち解けてくれたように思います。

で、彼女の警戒心も無くなってきたように感じたところで、

まずは言葉遣いについて聞いてみました。

「○○さん、ここの人じゃないよね。きれいな標準語だけど。」

と切り出すと、彼女は言葉を濁すどころか、

こちらが期待していたお返事以上のお話をしてくれました。

彼女はとある離島の多い県の、その中でも田舎の地方出身で、

歯科衛生士の専門学校への入学を機に都会に出てきました。

で、学校は普通に卒業し、関係の職場に就職したのですが、

人間関係がうまくいかず、続けられなくなったそうです。

ただ、数ヶ月で退職したものの、働かなくてはいけません。

特に都会は住居費が高く、

正社員での収入が前提で始めた生活はバイトなどで補うことは困難です。

でも、田舎独特の「他人様の目」や送り出してくれた親のことを考えると、

働き始めてすぐに実家に戻るほど、図太い神経もありません。

そんな時、ある情報誌で

「寮あり。簡単な飲食関係のサービス。」

といった風俗関係にありきたりな求人が出ているのを目にしたそうです。

勤務地は今住む都会から電車を乗り継げば4時間足らず、

飛行機の路線もある少し離れた、ある県庁所在地でした。

引っ越し費用や入居の際の費用も面倒を見てくれるという好待遇に、

彼女は仕事の内容を精査せず、喫茶店のウエイトレスか温泉旅館の仲居、

最悪でも水商売のホステスみたいなものと考えていたそうです。

(まぁ、ピンサロも行政上の許可は「特殊飲食業」で、飲食業の範疇ですが。)

住居費の負担がほとんどないというのは、

当時の彼女にとってはものすごい厚遇だったのでしょう。

ところが、行ってみたら、そこはピンサロ。

風俗店の存在自体を知らないほど世間知らずではなかったとのことですが、

まさか自分が風俗で働くことになっているとは思いもしなかったそうです。

ただ、引っ越しも終わって、ワンルームマンションに入ってしまった以上、

引くことも出来ません。

何より彼女は仕事をころころ変わることで

田舎のお母さんに心配をかけたくなかったそうなのです。

そんな複雑な感情と共に、

このお店で働くことになったというのが彼女のお話でした。

ちなみにきれいな言葉遣いのナゾについては

「都会に出でてきた時に田舎出身をごまかそうとしてたら、

自然と標準語を勉強してたんですよ。」

と笑って答えてくれました。

でも、美しい言葉遣いは短期間で身につくものではないので、

もともとの育ちの良さという基礎があったからだろうなと、

私は受け止めていました。

ところで、尊敬語・丁寧語・謙譲語をものの見事に使いこなす、

彼女の唯一の例外は自分の母親のことを他人に話す場合に

「母」と言わず、「私のお母さん」と言うことでした。

「私は胸がないんだけど、私のお母さんはおっきいんですよ。

なんで遺伝しなかったんだろ。」

みたいな感じです。

甘えん坊で、本当にお母さんが好きだったみたいです。

月イチとはいえ、常連に近い存在になると、

男性従業員さんとも仲良くなります。

彼らからも彼女のことを聞きましたが、

それはもうベタ褒めに近いものでした。

(まぁ、自分のお店の姫を悪く言う店員はあまりないと思いますけどね。)

彼女は働き始めてから無遅刻・無欠勤。

言われたことはちゃんとこなす、どこのお店に行っても通用する

模範的な姫だとの事でした。

あたりまえのことがちゃんと出来る女性だったんですね。

仕事のきっかけが不本意なものであったとはいえ、

働くことを覚悟した以上はきっちりと働くというのは

彼女の培ってきた信念だったのでしょう。

しかし、長く通っていると、今度は

「いつ退店するんだろう。」

という心配も高まってきます。

そんな心配は通い始めて1年ほどして現実のものとなりました。

毎回帰る前に

「お店やめる前には一言言って下さいね。」

と、軽い感じでお願いをしていたのですが、その日は

「はい。」

という返事ではなく、

「退店は来月末になりました。」

とのお返事が。

彼女がお店を退店する理由。

それは

「お母さんと一緒に暮らせるようになったから。」

でした。

都会に出ていってから数年が経ち、

幸い実家付近で勉強してきた分野の仕事が見つかったので、

もう実家に戻っても田舎特有の変な陰口が立つおそれはなく、

安心して帰れるとのことでした。

彼女の最後の出勤の日、

私は最終受付ギリギリの入店で彼女を指名し、最後の挨拶をしました。

そのお店は閉店までいると、

最後は女の子全員が通路に並んで、お見送りをしてくれます。

その際、なぜか70年代に大ヒットしたある歌謡曲が、

エンドレスで流れているのですが、

それがこのお店の「エンディングテーマ」でした。

ところが、その日にかかっていたのは「蛍の光」。

この選曲は場内アナウンス担当の男性スタッフのものでした。

彼はこう言いました。

「本日をもちまして、当店の○○嬢が卒業いたします。

私共、数多くの退店を見送ってきましたが、

この曲を流して卒業を祝う女性は数えるほどしかありません。

ご贔屓いただいた多くのお客様、誠にありがとうございました。

また、従業員も一同、○○嬢に感謝の気持ちを伝えたいと思います。」

そのお店では「蛍の光」は惜しまれながら去っていく姫だけに

許される特別の曲だったのです。

最も出口に近い辺りに並んでいた彼女が

感涙にむせんでいたかどうかは分かりません。

ただ、最後の最後に彼女は

「今日までお世話になりました。」

と、いつもと同じきれいな言葉と共に

リボンのかかった小袋を渡してくれました。

私は上手に最後の挨拶をすることが出来ませんでしたが、

しっかりと握手をしてお別れすることが出来ました。

帰り道がとても寂しかったですけど。

家に帰って小袋の中を見ると、

Burberryの暖かそうな靴下が入っていました。

田舎でお母さんと仲良く暮らしていることを心から祈っています。 Yahoo!ブックマークに登録