アクセスランキング ブログパーツ

エロ開発された地味な主婦

彼女は37歳の素人主婦
自分(既婚)と知り合うまではごく平凡の地味な主婦であった。勿論、浮気の経験もないとのことである。彼女と知り合ったのは携帯のサイト、最初は世間話や仕事の話などをメールしあう中であったが、暫くしてから自然とお互いに意識しあう仲になっていったのである。
メールを始めてから1カ月後飲みに行くことになった。駅で待ち合わせをして初めて逢った彼女は、真面目そうで物静かな印象であった。彼女はお酒が好きで強いようだが、自分はどちらかと言うと弱い方である。そんな自分を気遣いながら「大丈夫?」と優しく声を掛けてくれ楽しく時間を過ごした。店を出る頃にはお互いほろ酔い気分、いい時間を過ごしたと満足であった。


ところがである!!店を出たとたん彼女がいきなり目を閉じて体を預けてきたのである、予期しないハプニングであったが、拒否する理由はない。お互い舌を絡ませ合い、体が熱くなっていくのを感じた。もう、ホテルに誘うしかないと思いつつ彼女に告げると恥ずかしそうに首を縦にるだけであった。

 ホテルにつくと一緒にシャワーを浴び、そしてキスした。彼女の手は俺の熱くなった下半身に伸びているのである。ベッドに移り足を絡ませながらキス、彼女は強く抱きしめてくるのである。お互い、狂ったように求めあいそしてその晩の行為は2回に及んだ。

彼女は、俺と初めて逢ったときに胸がキュンとしたらしい。どうやら大好きだった男性に顔が似ていて、しかも名前が同じだったことから運命を感じたようだ。それからというもの、2週間に1度のペースで彼女と会っている。彼女は、俺からもう離れられないと言っている。今ではセックスの相性も抜群で俺の好きな仕様に変えていっている。

 軽く手を縛ったり、目隠しをしてのセックス、犯されてるみたいで凄く感じると言っている。俺にとっても初めての人妻とのセックス、若い子にはない優しさと濃密なセックスに完全に虜になってしまった。

Yahoo!ブックマークに登録

信頼していた友人に裏切られて犯された

大事なそして信頼していた友人に
裏切られ・・・・


私は犯されました。

ただの友人ではなく大切な人です。

私は結婚2年目の25歳ですが、夫にとっても私にとっても大切な友人の1人なのだけに、ショックでした。

しかも心ならずも感じてしまった私も・・・。

久しぶりに仲間内で集まっての飲み会に盛り上がったその日、私と彼とが途中でお酒の買い足しに行ったのです。

その帰り、車の中で突然キスをされました。

何が起こったのかと驚いているうち、胸元から手を入れて揉まれ、乳首をいやらしく愛撫されました。

ぼぅっとしていたのが快感になったのと、起こっている出来事を理解したのは同時でした。

とっさに「やめて!!何すんの!?」と激しく抵抗しましたが、がっちりした彼の力にはかなうはずもなく、しかも乳首をつままれて、私の身体の方は完全に快感の方をとってしまっていたのです。

「ぁんっ・・・」と、どう考えても拒否ではない、甘い声を出してしまったんです。

そのままスカートの中に手を入れられ、パンティの上から割れ目の部分をこすられました。

昔は遊び人だった人だけに、ものすごく素早くて上手くて。

既に濡れているアソコがさらにOKサインを出してしまっていたと思います。

まるでメロドラマみたいですが、せめてもの抵抗に私はダメといい続けました。

でも段々その声に私自身も段々酔ってしまって・・・。

彼もその「ダメ・・ダメ・・・」の声に、興奮しているようにも見え、益々いやらしくこすられ、クリトリスをつままれると、私の身体はビクッ!となってしまいました。

その頃にはもう、ダメとは言えなくなってしまって。

夫も待っているのに・・・と思うことで余計興奮してしまい、目を閉じて「あぁっ・・ああんっ・・・」と、彼の指を感じて・・・中でジュワジュワと愛液が溢れ出しているのが自分でも分かります。

まるでおしっこみたいでした。

胸をはだけられ、パンティの横から指を入れられ・・壁をこするみたいに、気持ちいいところばかりをねちっこく攻められました。

いつの間にか私の脚は大きく開いて、車の外からも見えるほど高く上げられていました。

「もぉだめだよぉ・・・お願い・・・」

ついにそう言ってしまいましたが、その後さらにじらされ、いじめられ、シートも私の愛液でビチョビチョになっていました。

最後は絶叫して「入れてーーー!!」と叫んでいました。

彼はアレを出すと、一気にズブリと私の中に入れました。

ものすごく太くて、飛び上がりそうでしたが、すぐにアソコの中がなじんでしまいすんなり受け入れてしまいました。

そして何度も何度も何度も突きまくられ、イカされました。

はっきり言ってレ○プなのですが、でもあんなに感じたHは今までなくて、そのことがやましくて夫にも言えないでいます。

それよりも買い出しから戻った後、夫に知られないかドキドキしてしまいました。

友人には「ずっとこうしたかったんだ」と言われて、1度で済みそうではありません。

浮気なんてしたことなかったのに、罪悪感より性欲が勝ってしまうってこんなに簡単にあるんですね・・・。

きっと私、また彼に抱かれてしまうと思います。 Yahoo!ブックマークに登録

色白で綺麗な素人人妻にバイブ責めで鬼イカセ

サイトでナンパした39歳の素人人妻と逢いました。

8歳年上で、確かに年齢はいってましたが、色白で細身の女の人でした。

食事しながら打ち解けてホテルに連れ込んでセックスしました。

最初は「心の準備が・・・」とか言ってたけど、身体をまさぐると吐息を漏らしてきて、そのままベッドでやっちゃった。

スカートの中で太股をなで回し、おっぱいを触ると意外におっきくてびっくりしました。

ポロンと形がいい胸が現れて吸い付き、敏感で悶えてました。

パンティの中でも撫で回したらすぐに指が入り、撫で回したら「イクッ!」と跳ねてぐったりした。

舐めてあげようとしたら「シャワーさせて」と言われて、向こうが先に行ってる最中にバイブを買って隠し、シャワーを浴びて上がると裸にして、結構スタイルもいいしバイブを出して当てがいました。

「んッ!アアン!」と凄い悶え方で、響くくらい声を上げて出し入れさせたら「ダメ~」硬直させてイキまくりました。

ヌルヌルのバイブを横に置いて、ナマチンを突っ込むと「気持ちイイ!」と凄い喘ぎっぷりで、中もピチャピチャとやらしい音をだしてました。

「またイクッ・・・」と言われ激しくしたら首を左右に振りながら、ビクビクッっと身体が電気が走る感じでぐったり。

休む間もなく激しく動いてたら気持ち良くなり、身体を覆い被せて打ち込むと奥さんの中でタップリと射精しました。

射精の快感に浸り抜き取り、ドロッと精子が溢れて出て来てた。

10分位黙ってから「凄いエッチ激しいんだね」と笑いながら話して来て、おっぱいを触りながら話をしました。

そしたら「まだ出来る?」と聞かれ、頷いたら向こうからフェラしてくれて、上に奥さんが乗って二回もおっぱいを鷲掴みにしながら発射しました。

夕方になって帰らないとマズイらしく、待ち合わせ場所に送ってあげて、帰ると翌週に向こうから誘って来てセックスしました。

堪らないらしく、遊ばせてくれそうです。 Yahoo!ブックマークに登録

図書館にいる美人秘書にローター責め

図書室に美人司書がいる


35歳の裕美という美熟女だ

裕美は、9歳の娘を実家に預けて働くバツイチ4年目だった。俺は、裕美のかつての職場の上司で、バツイチになった裕美今の職場の口を利いてやった。

 この日は、恋女房に先立たれた私に、男日照りの裕美が体を自由にさせてくれるという。裕美を連れて、都会の喧騒を離れた山間の和風の戸建てが立ち並ぶ連れ込み宿に着いた。


そこは、中が和風旅館のように回廊になっており、俺は裕美を裸に剥いて縄をかけ、回廊の過度柱に縛り付けて陵辱するつもりでこの連れ込みを選んだ。ここは、若かりし頃に妻をマゾ調教した思い出の連れ込みだった。

 シャワーを浴びた裕美が、体にバスタオルを巻いて恥ずかしそうにやってきた。俺は裕美のバスタオルを多少乱暴に剥ぎ取り、縄をかけて角柱に足を肩幅ほどに開かせて括り付けた。そして、棒の両端に足枷が付いている拘束具に足首を固定し、肩幅より足が閉じないようにした。

 それを少し離れたところからじっと見やり、ネットリと視姦すると、裕美は羞恥に頬を染めた。小柄で細身の裕美だったが、かといって貧乳ではないので色気が漂っていた。

 俺は、下から覗き込むようにして裕美の割目を開くと、そこは視姦の羞恥で既に濡れていおり、指で割目をなぞって淫汁に糸を引かせ「裕美さん、このヌルヌルした液体は何でしょうね。」「アッ・・それは・・」俺は、ピンク色のローターを二つ取り出しじっと見つめ、これから裕美をどう狂わせてやろうかとほくそ笑んだ。

 両足を開いて固定された裕美の割目を開いて、ローターを牝穴の中に1個入れた。ローターはスイッチが入っていなかったが「ハァァ」と声を漏らした。もう1個は、ローションをまぶして、尻穴にゆっくりと揉みほぐすようにして入れた。

「アゥゥ・・」牝穴の時と違って、尻穴の時は呻き声だった。裕美の尻と割目からローターのコードが出ていた。俺は、姿見を裕美の目の前に持ってきて、鏡の中に恥かしくて淫猥な格好をした裕美の姿を自分で確認できるようにした。

 裕美は鏡から目をそらしたが、時折姿見をチラ見して、鏡に写った自分の姿に泣き出しそうで悲しげな表情をした。俺は、牝穴のスイッチを弱に入れた。「アッ、アァァ」裕美の腰が小さく動きだした。「ハアッ、ハアッ、ハアッ・・」と荒く息をしていた。

 俺がもう一つのスイッチを手にしたとき、裕美は何も言わなくて何が起きるか分かっていた。俺は尻穴のローターのスイッチも弱に入れた。
「ン!クフウゥゥゥ」呻りながら、裕美の腰が前に突出た。裕美は更に息を荒くしていった。腰がビクッ、ンビクッと痙攣し始め勝手に動いていた。

「アッ、アウアッ・・」2つのローター膣壁と腸壁を同時に震動させ、敏感な部分まで責めていたのだ。俺は、クリトリスをクリップで挟んで、2個のローターの振動がより伝わるようにした。「アウッ、ツウゥゥゥ・・」敏感なクリトリスを挟まれて痛かったのだろうが、よく見るとローターの振動が僅かだが伝道して、クリップが微妙に震えていた。

「こんなはしたない格好をさせられて、おまんこを濡らしているなんて、裕美さんは淫乱ですね・・」ふと裕美は姿見を見て、その姿に更に股間を湿らせていった。裕美の姿を見ていると、腰が前後左右にクイクイ揺れて、とてもいやらしい動きをだった。でもそれは、裕美が自分の意思で動かしているのではなかった。

 俺は、2つのローターのスイッチを両方とも中にした。「ウアアアーーーッ!」腰の動きが激しくなり、絶頂へ向かって一気に駆け上がっているようだった。裕美の乳首はしっかりと勃起していた。 そして、俺はローターのスイッチを強にした。

「グゥアアアーーアッアッアグウゥゥゥ・・」裕美は泣き悶えしながら、感じ過ぎる腰の動きを止めることができないでいた。激しく震動する2つのローターに、溢れ出る淫汁がクリトリスを挟みながら震動するクリップを浸して飛沫になって飛び散っていた。

 ガクンガクンと激しく痙攣し、裕美はガックリと力尽きた。裕美を柱から解放して、布団へ寝かせた。暫く休ませているうちに、俺も裸になりシャワーを浴びた。久々にイキリ起っている五十路雄竿を生のまま裕美の牝穴に入れた。信じられないほど熱く、ヌルヌルの牝穴をゆっくりと味わった。

 自分より20歳も若い三十路女の牝穴は、俺の雄竿をキュウキュウと締め付けた。「ア・・アァ・・」3年前に亡くなった女房とは、アラフィフ夫婦にして週3回は営んでいた。時に優しく愛情を確かめ、時に情熱的に快感を分かち、時に縄をかけて倒錯の快楽を共有した愛しい恋女房は、俺の牝穴奴隷妻だった。

 女房を思い出しながら、女房よりずっと若い裕美を揺さぶった。「ア、ア、ア、ア、アァァァ・・」強烈な締め付けに、慌てて雄竿を抜いて、裕美に五十路精液を振りかけた。帰りの車の中、裕美はまだ快楽の余韻にまどろんでいた。

 若くて美人の痴態を楽しんで、その牝穴まで堪能したが、亡くなった女房との時のような満足感が得られなかった。俺は、それほどまでに女房を愛していたんだと気付く時だった。でも、裕美は失った愛の渇望を俺との快楽に逃避することで紛らわしているし、俺も裕美と束の間の嗜虐を楽しんでいる。

 俺が退職するまで、お互い割り切った関係を続けていくのだろう・ Yahoo!ブックマークに登録

巧みな性技を持つ五十路熟女社長の婬穴にバナナ挿入

私、40歳で


相手は取引先の熟女社長の加奈子(54歳)の高齢者ですが
一見そんな年には見えません。

私もまさか、この年になって

年上の女性とHをするとは思いませんでした。

しかし、普段仕事をしている様子とベットでは本当に別人で

そんな様子を思い浮かべてはまた股間を大きくしています。

先日、昼間の仕事を抜け出し午後2時、

明るいうちからホテルにチェックインして加奈子の事を待ちました。

20分ほどしてちょっとした食べ物とビールを持って部屋に来ました。

昼間からビールとは思いましたが、

やはり少しお酒が入ったほうが盛り上がると思い、

2人でちょっとした酒盛り。

程よく酔い始めたころ、

だんだんお互いの体に触り始めました。





加奈子はいつのまにか私に持たれかかり、

股間をなでながらいつものようにキスを求めてきました。

なぜか私の股間は加奈子に触られるととたんに大きくなってしまいます。

加奈子の指はアナルからあそこの先までを、

出てしまうかと思うくらい巧みに触ってきます。

私は我慢できず、脱がそうとすると

「2人でシャワー浴びましょう」

といって、

早速じらされてしまいました。

バスタブにお湯をはり、

体を洗いながらお互いの股間を触り合います。

もちろん、加奈子のあそこはすでに私の指をすんなり受け入れていました。

「あぁ・・・」

加奈子は私の指の動きに合わせ息を漏らします。

そして、加奈子のあそこを指で責めながら、

加奈子の耳を舌でなぞると体をのけぞらせ、

どんどん濡らしてきました。

しばらく責めると我慢できなくなったのか、

体をあずけながらも大きくなっている私の股間をまさぐり始めました。

こうなると、立場は逆転します。

立った状態の彼女は、時折ひざから力が抜けるらしく、

完全に体を預けてきました。

そしてそのままベットへ。

軽くキスをすると足を大きく開かせて、

加奈子のあそこを舌でなぞるとすでに濡れきっていました。

加奈子は腰をくねらせ、

「もっと…」、

「もっとして…」

とどんどん激しくなってきます。

私は加奈子のあそこをしっかりと舌でかわいがったあと、

2本の指をしっかり奥まで入れました。

そして、入った指をゆっくり大きく動かしながら、

加奈子の顔近くに私の大きくなったものを近付けました。

加奈子は咥えようとしましたがそうさせず、

加奈子に見せつけるようにして、大きくゆっくりと目の前でしごきました。

そして同時に加奈子のあそこの中を少し乱暴に指で愛撫しました。

「ほ~ら、見てごらん。中にいれたいだろ。大きくなってるぞ。俺のおちんちんは加奈子のなかに入りたがって大きくなったんだぞ。ほしいか?」

しばらくして、加奈子は熟女らしからぬあまえた声で

「いや~、ほしい。せいのをいれて~」

と欲しがった。

でも、これからが熟女が乱れる、一番良いところだ。

そのまま指をあそこから、アナルに滑らせ挿入。

もちろんすんなりと入っていった。

加奈子は両方しっかり使えるようになっているからだ。

最初は驚いたが、どちらも同じぐらい乱れるほど使いこまれていました。

私は隠しておいたバナナを取りだし、指の変わりにアナルに挿入した。

もう、それからの加奈子の鳴き方は半端じゃなくなっていった。

隣に聞こえてしまうんではないかと思うくらいだ。

私は更に

「ほしいか?」

といってバナナをアナルに入れたまま、

パンパンに張った私のあそこを口の中に突っ込んだ。

もうこうなるといつものスマシタ女社長の顔ではなく、

淫乱54歳熟女になる。

この変身がたまらない。

口からよだれをたらしながら、

私の大きくなったものを咥えこみ、

バナナの感触を楽しむ熟女の加奈子は

「せいのいれて…」

ともう一つの加奈子の中に、

私の大きくなったものをねだりはじめた。

「もっと、ぬらせて入りやすくしたらな」

というと、

大きく腰を振り出しバナナをもっと動かすように催促してきた。

私のあそこもどんどん充血し大きくなっているのを加奈子は感じているらしく、

早く入れてもらおうと必死にしゃぶってきた。

私もそろそろと思い、加奈子の口から

自分のものを抜き取ると足を開かせ加奈子の股間に近付けていった。

そしてなぞるように私のあそこの先を手で動かしながら

加奈子の股間で濡らし、ゆっくりあそこにあてがった。

加奈子は私も耳元で「私の中にいっぱい出して…」

とささやいたその言葉を合図に私は加奈子の中に割って入っていった。

たっぷり濡れた加奈子のあそこは

私の大きくなったものを気持ちよさそうに受け入れていった。

「ああ~、ゆっくり…」

加奈子の漏れた息使いが少しずつ荒くなっていった。

これが54歳とは思えない締め付け方に最高に気持ちが良い。

「加奈子、最高だよ…」思わず腰をひきつけ強く腰を突き上げた。

回数を重ねるたびに、加奈子の濡れ具合、

締めつけ方、そして乱れる様はどんどん良くなっていく。

本当に男を奮い立たせる女だ。

今度は後ろから突き上げた。

加奈子はバックが好きでいつも挿入しているところを鏡に映るようにする。

私は映っているのに気付かないふりをして腰を突き上げてると、

チラチラと加奈子は自分が挿入されているその姿を確認するのが好きなようだ。

しばらくすると「いい~、もっとついて…。もっともっと」

とどんどん声が大きくなっていく。

私は後ろから、子宮を突き上げると更に締め付けが強くなり、

今にも勢い良くでそうになる。

加奈子は感じだすと子宮で私のつきたてた肉棒を咥えこんでくる。

なんとも気持ちの良い、最高の瞬間だ。

本当にたまらなく良い女にどんどんなっていく。

さらに、後ろから突きつづけると加奈子の腰の動きが激しくなり、

私はもう我慢できなくなった。

「だすよ…」というと激しい息づかいの中

「う・ん…、あぁぁぁ…」

「だして…」

「中にして…」

と途切れ途切れに言った。

私は加奈子の腰づかいと子宮に咥えこまれた快感に我慢できずに、

「いく~!!」…加奈子の中に私は精液を大量に出した。

最高!、加奈子はしばらく果てた私の肉棒を子宮で咥えこんできた。

本当に最高に男をとりこにする女だ。

書きながら、また抱きたくなってきた Yahoo!ブックマークに登録